糖尿病と高血圧に良いサプリある?おすすめはこれ

糖尿病と高血圧に効くサプリといえば!

 

糖尿病と高血圧の関係

 

糖尿病と高血圧の間には、強い関連性があります。糖尿病患者のうち、高血圧を併発している方の割合は半数以上だと言われているほどです。では、糖尿病の方が高血圧をも発症しやすい理由とは何なのでしょうか。

 

まず最初にあげられる理由は「血糖値の高さ」です。糖尿病の方は血糖値が高い状態にあります。そのため、それが細胞の浸透圧を上昇させてしまいます。高い細胞の浸透圧は血液量の増加を引き起こし、それが血圧の上昇につながります。こうして高血圧になってしまいます。

 

また、次にあげられる理由としては「肥満」があります。糖尿病の方は肥満体型であることが多く、それが高血圧を引き起こしやすくしています。

 

肥満の方は、アドレナリンやノルアドレナリンのようなホルモンが多く分泌される傾向があります。これらのホルモンには血圧を上昇させる働きがあります。そのため、それが高血圧につながってしまいます。肥満である割合が高いことが、糖尿病の方の高血圧になるリスクの高さの理由であるといえます。

 

高血圧の状態が継続してしまうと、動脈硬化になる確率が高くなります。この動脈硬化は、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症のような病気を引き起こすこともあります。これらの病気は最悪の場合、命に関わる事態にまで発展してしまう危険なものです。普段の生活習慣に注意して、糖尿病や高血圧の改善や予防に努めるようにしましょう。

 

高血圧の治療と手術の話

 

医学は年々進歩しており、少し前なら不治の病といわれていたものも、近年では治療や手術が可能になり、不治の病ではなくなっている病気もあります。高血圧の場合も薬物療法を行いながら、食事や生活習慣の見直しという方法が主な治療の方法でした。

 

しかし、最近、海外で高血圧に対する手術が行われ、症状が改善したという報告から、日本でも高血圧に対する手術が行われました。これは、NHKニュースでも取り上げられ、これから注目される手術いえます。

 

 

高血圧の治療に行われる手術は、血管にカテーテルを通し、交感神経を切るというもので、実際に手術を行った患者さんは、重度の高血圧により、4種類の薬を飲んでいるものの、症状が改善されないことから手術を実施し、症状が改善されたそうです。血圧は、交感神経によってコントロールされており、通常は正しく機能するのですが、この機能が上手く働かなくなると、高血圧になる可能性があるという考え方があるようです。

 

高血圧による手術については、これから症例を重ねて、後遺症や副作用、危険因子などを見極めて、実用化されていく可能性があります。また、交感神経による血圧のコントロールについても、研究が行われ、確実な症例が増えれば、手術を実施する例も増えていくでしょう。

 

高血圧は、徐々に進行していき、重度の高血圧になると、脳梗塞や心筋梗塞などの重い病気に発展する可能性が高い症状です。年齢に関係なく、予防をするように心がけましょう。

 

高血圧の予防に飲みたいサプリメント!
http://xn--18j3fta4921adsjxy5e8g1a.net/

 

糖尿病の症状はどんなの?

 

糖尿病という病気には、進行すると日常生活にも支障をきたす可能性があります。そのため、早期発見が重要になってきます。糖尿病になった際に現れる症状をしっかりと把握しておくことは、早期発見のためにも有効です。以下の7つの症状が、糖尿病によって引き起こされる症状のうち、一般的なものです。これらの症状が自分に現れていないか、チェックしてみてください。

 

・のどが渇きやすい
・排尿の回数や量が多い
・疲れやすい、だるさを感じる
・食欲が異常にある
・体重が減少する
・性欲が低下気味である
・血流が良くない

 

上記のような症状が、糖尿病の患者に多く見られるものです。

 

のどが渇く、排尿の回数や量が多くなる、といった症状は、インスリンの分泌量が少ないことを原因として引き起こされます。インスリンには血液の糖濃度を下げる働きがありますが、このインスリンが十分に分泌されないと、血液中の糖濃度は常に高い状態となってしまいます。そのため、のどが渇きやすくなり、水分を多く摂取することになります。結果、排尿の回数や量も増加することになるのです。

 

また、糖尿病によるインスリン分泌の不足は、体内のエネルギー不足も招きます。そのため、人体が活動するのに必要なエネルギーが確保できない状態となります。これにより、疲れやすい、体がだるい、といった症状が現れます。

 

さらに、糖尿病になった場合、食欲が増加する傾向があります。しかし、食事の量が大量になったとしても、インスリン不足により血液中の糖分が体内にエネルギーとして取り込まれないため、筋肉や脂肪がエネルギーとして消費される状態です。そのため、どんどん体重は減少していきます。

 

その他に見られる糖尿病の症状として、性欲の低下や、糖尿病に起因する動脈硬化により血流が悪くなるというものがあげられます。

 

糖尿病に糖質制限食が効果的なのか?

糖質制限食というとダイエットをするための方法だというイメージが強い人も多いのではないでしょうか?
しかし、糖質制限食というのは糖尿病に対しても効果が期待できるといわれています。

 

これまでも糖尿病を発症すると食事療法を行っていましたが、既存の食事療法と糖質制限食というのは、色々な面が違っています。

 

参考:http://xn--n8j0dq51i3emp83ac4iyzj7h9b.net/

 

以前から存在していた食事療法というのは、摂取するカロリーを少なくしていくということが目的になっていました。そのため、これまでの糖尿病の食事療法というのは、食品交換表が存在しており、定められたカロリーまでしか摂取をしてはいけないという厳しい内容になっていたのです。さらに、食事療法と同時進行で運動療法を行わなくてはならないというケースが大半を占めていました。

 

これまでの食事療法の場合、摂取カロリーを制限することは出来るのですが、その半分以上は炭水化物になってしまっていたのです。このような食事を続けながら運動療法で体重を減らしていき、高くなってしまった血糖値は処方された薬を服用するという薬物療法で治療をしていたのです。

 

従来の糖尿病の治療は、確かにカロリーを少なくすることは出来るものの、糖質をかなり摂取してしまっているため、大量にグルコースが作られてしまって、血糖値が高くなりやすくなってしまっていたのです。

 

糖質制限食の場合は、糖質を制限することになりますから、食事をしても糖尿病にとって問題になる血糖値の上昇を抑えることが出来るようになるというメリットがあります。また、これまでの食事療法とは違って、脂肪分やたんぱく質を摂取してもいいということで、糖質制限食が編み出されたばかりのころは医師の間でもかなり懐疑的になっていたのです。

 

しかし、最近になって、この糖質制限食を認める医師も多くなっていっています。糖質制限食は、これまでの食事療法とは考え方が違っているのですが、医療現場でも支持する声が多くなっていっています

 

糖尿病を発症している人で、糖質制限食を実践した人たちのデータも最近揃ってきています。このデータによって、血糖値や悪玉コレステロールを低下させることが出来た人がとても多いということが分かったのです。

更新履歴